管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと
なぜ太るのか?
   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ストレスで男は痩せ、女は太る?

ダイエットを成功へ導く為には、ストレスは大敵なのですが、2003年末、厚生労働省より発表された『平成14年 国民栄養調査』の結果に、興味深い内容のものがありましたので、特集したいと思います。

ストレスを感じると、食事量が変化する??

日常生活でストレスを感じている人は、男性で76.9%、女性で84.2%にものぼるそうです。
また、ストレスを感じているとき食事量が変化する人は、女性で55.7%、男性で34.7%で、実に女性で5割以上、男性で3割以上もの人が、食事量の変化に自覚が見られるとの結果が出ています。
しかし、食事量が変化すると言っても、性別によって違いがあるようです。ストレスによって体重が増える(太る)者は、男性が6.2%、女性で15.8%であり、体重が減る(やせる)者は、男性が10.2%、女性で12.5%との事です。
この事から、
ストレスを感じると男性は痩せ、女性は太ってしまうという結果が出ています。

ストレスはやはり大敵

この、『平成14年 国民栄養調査』の結果からも分かるように、ストレスはダイエットだけでなく、体調を維持するといった意味合いでも、やはり大敵だという事が分かります。
一言でストレスと言っても、仕事の悩みや、職場の人間関係であるとか、家族や友人、恋人などの人間関係、また、ダイエットなどによる無理な食事制限によって見えないストレスを感じている場合もあるのです。
男性はストレスによって、食欲が減退する人が多いのに対して、女性は過食に走ってしまう人が多いのは、やはり先程述べた、『ダイエットによるストレス』を感じている人が多いからではないのでしょうか?

ストレスを軽減させるには?

まずは、個人のストレスの原因(ストレッサーといいます。)となっているものを取り除く事がベストなのですが、そうは言っても、人間関係などは、なかなか難しいものです。
ですので、上手にストレスを発散させる方法を、自分なりに見つける事が大切です。
例えば、趣味やスポーツなど、好きな事を思いっきり楽しめる時間を作ると良いと思います。
これはダイエットによるストレスを感じている人にも同じ事が言えると思います。

体重や摂取カロリーにばかり気を取られていては、楽しく食事をする事が出来なくなってしまったり、友達と食事に行くのも、憂鬱になってしまいます。
それでは、人生損した気分になりませんか?あなたの考え方次第で、ストレスは軽減できるのです。
ダイエットも、楽しく実行出来るような気持ちの余裕がダイエット成功の鍵であると、私は考えています。

まとめ

この『平成14年 国民栄養調査』結果からも分かるように、女性は食欲を上手にコントロール出来る人が少ないように思います。
また、スポーツをしてストレスを発散させる方も少ないようで、『運動せずに楽して痩せたい』という女性も多く見受けられます。

ダイエット成功の近道は

@適度な食事量と、バランスの良い食事
A適度に体を動かす事
Bストレスをためない事


以上の3つが、ポイントであると私は考えています。
Copyright (C) since2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます