管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと
なぜ太るのか?
   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

管理栄養士のダイエット ReformDietetics

吐いてダイエットしています。身体に悪いでしょうか?

Q1.質問
「食べると太る」と思い、食べては吐くダイエットをしています。
また、食べ過ぎても太るのが怖くて吐いてしまいます。
これは身体に悪いのでしょうか。

A.松本からのお答え
もちろん、吐くという行為は身体に悪影響です。
きれいに痩せる事も出来ませんし、身体がボロボロになってしまいます。
「食べたら吐けばいい」といった、ダイエットに対する歪んだ考え方は、すぐにでも改めて頂きたいです。
こういったきっかけから摂食障害になってしまうケースも多々あります。
絶対に止めて下さい。

FAQメニュー
Q1 食べながら後悔してしまいます。
Q2 ダイエット中の便通がうまくいきません。
Q3 朝おきたら1kgリバウンドしてしまいました。
Q4 授乳中は体重が落ちると聞いたのに減りません。
Q5 体重は標準なのですが、見た目が太って見えます。
Q6 吐いてダイエットしています。身体に悪いでしょうか?
Q7 夜遅い時間に食事をしなければいけません。どうすればいいでしょうか?
Q8 ダイエットすると肌が荒れてしまいます。どうしたらいいですか?
Q9 運動と食事制限をすればダイエット効果はあがるのですか?
Q10 ダイエットをしたら、生理が止まってしまいました。
Q11 運動しているのに、体重がおちません。

FAQトップへ
Copyright (C) 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます