管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   知っておきたいこと

なぜ太るのか?
   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

管理栄養士のダイエット ReformDietetics

脂肪のおはなし

脂肪細胞について
人間の体内にある脂肪のうち、いちばん多く、貯蔵型のエネルギーになっているのは、中性脂肪(トリグリセライド)です。
中性脂肪は、一部が肝臓に貯蔵されるほかは、体内の脂肪組織にある中性脂肪に蓄えられます。
脂肪細胞は成人で250億〜300億個あり、その大きさを3〜4倍にまで膨張させる事が出来ます。
また、脂肪細胞が、ほかの細胞と異なる点は、いったん脂肪細胞の数が増えると、ほとんど死滅しないという所です。

ダイエットによって痩せても細胞自体が萎縮し、サイズが小さくなっただけで、数は減らないのです。

脂肪細胞の種類
脂肪細胞には2種類あり、一般に脂肪細胞といわれているのは
白色脂肪細胞の事です。
白色脂肪細胞は全身に広く分布しており、エネルギーを中性脂肪として蓄えています。
また、肥満になると、体幹部を中心に厚くなり、さらに内臓にも付着します。

もう一方は
褐色脂肪細胞といい、その名の通り、褐色をしている脂肪です。
人間の脂肪細胞のうち、わずか1%しかなく、幼児期に多く、大人になると、わずかに首の後ろ、肩甲骨の下部、心臓の大動脈の周囲、腎臓の周囲にあるだけの特殊な脂肪組織です。


褐色脂肪細胞の2つの役割
@ 1つは、熱を作り出して、心臓や腎臓を寒さから守り、体温を維持する作用です。
A もう1つは、脳の満腹中枢からの刺激によって、食事から摂取した過剰なエネルギーをどんどん燃やすという作用で、白色脂肪細胞とは正反対の働きをしています。

褐色脂肪細胞が、熱産生が高く、肥満を防ぐ理由
ミトコンドリアの量が多いことです。
白色脂肪細胞と比べると、約1000倍も多いのです。
ミトコンドリアとは全ての細胞に含まれており、 分裂したり、運動したりするのに必要なエネルギーを作っています。
その数が多いということは、それだけ大量のエネルギーを消費している事に なります。

もう一つ、褐色脂肪細胞のミトコンドリアだけが持つ働きもあります。
ほかの細胞のミトコンドリアとは異なり、アンカップリングプロテイン(UCP)という特殊な熱産生たんぱく質を持っています。
このUCPによって、脂肪を直接取り込んで、これをもとにして局所的に熱を放散することができるのです。
以上の事から、褐色脂肪細胞がエネルギーを大量に消費して肥満を防ぐ要因になるのです。


脂肪の大切な役割
「脂肪」というと、憎まれ、減らすべきものだと思われがちですが、体の機能を維持するために欠かせない役割を担っています。

@ 摂取エネルギーが不足したときに燃焼して、エネルギーを補給する。
A 体温を平熱に保つための断熱作用がある。
B クッションのような働きをして、内蔵を保護し、正常な位置に保つ。

また、女性の場合、極端に体脂肪が落ちると生理が止まる、など女性機能にも重要な関わりがありますし、女性特有の曲線美も脂肪によって形成されています。
このことから、健康的で美しい体をつくるには、脂肪は必要不可欠といえるでしょう。

脂肪細胞の増える時期
先程、「いったん増えた脂肪細胞の数は減らない」と述べましたが、脂肪細胞の数が増える時期は一生を通して何度かやってきます。

その主な時期は3期間あり、

第1期  妊娠末期の胎児(妊娠中の母親のエネルギー過剰摂取が、胎児の脂肪細胞の数を増やす。)
第2期  乳児期(生後1年間)
第3期 思春期

とされています。

この脂肪細胞が増えやすい時期に過剰にエネルギーを摂取すると、脂肪細胞の分裂が盛んになり、増殖型肥満に陥ります。
子供のときの増殖型肥満は、成人になって、肥大型肥満とが合わさった、混合型肥満(つまり、脂肪細胞の数が多く、サイズも大きいのです。)
という、重度肥満に移行する確率が高いとされています。

子供の肥満が、特に重要視されているのはこのためなのです。

関連記事:肥満のメカニズム
Copyright (C) 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます