管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと

   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー

   
具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

管理栄養士のダイエット ReformDietetics


具体的には? 〜 ダイエットをはじめましょう 〜

具体的にはどうすればよいのか?
ではダイエットをはじめましょう。とは言ってもいきなり食事を制限したり運動をするという計画を立ててしまったら、1日でも出来なくなると挫折してしまいがちです。特に几帳面な正確の人に起こりやすいと思われます。
毎日これをしなくてはならないなどという
決め事を作ってしまうとやはり日々の生活では人との付き合いなどもありますからなかなか長続きしづらいでしょう。
では、どうすれば良いのでしょうか?

世間にはダイエット情報があふれています。どのようなダイエット方法を採用するかを決める必要があると思います。
私はダイエット分類というものを行いましたが、その中で私は
バランス型ダイエットと運動型ダイエットを組み合わせたものを採用したいと思います。

関連記事:ダイエット分類について

いきなり難しい方法を説明しても、実行が難しく長続きしないものだと意味がありません。ここでは少し考え方を変えて、
ほんの少しの工夫で気楽に出来る方法を紹介したいと思います。
食事を工夫する
普段食べているメニューでも、食材の部位や調理法を工夫するだけでカロリーダウンすることが出来ます。

調理器具 フッ素樹脂加工のフライパン
電子レンジの活用
グリル網を上手に使う。
 色々な調理器具をR-Shopでも紹介しています。こちらもご覧下さい。  R-Shop>調理器具
調理法
一般的にエネルギーの低い方法から

蒸す

焼く、煮る

いためる

揚げる


となります。その途中過程でもエネルギーをカットする事が出来ます。例えば、

焼く ・・・ 焼き網、グリル等で油を落とす。
煮る ・・・ 浮き出たあく、油をしっかり掬い取る。
炒める ・・・ フッ素樹脂加工のフライパンを使用する。
油を引かないか又は極力控える。
炒めて出てきた肉の脂を取り除く
揚げる ・・・ 衣を工夫する。(表面積が大きいほどたくさんの油を吸ってしまう。
油をよく切ってキッチンペーパーで吸わせる。

です。


それでは具体的な方法について上記の例を踏まえて説明を始めます。

方法の説明は下記の3つのカテゴリで説明いたします。

1.食材の選び方 2.調理の工夫 3.献立の工夫

Copyright (C) 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます