管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと
なぜ太るのか?
   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

ReformDietetics

ミネラル(無機質)所要量

ミネラル(無機質)の所要量を表にまとめてみました。
日本人が不足しやすい栄養素であるカルシウムや鉄は要チェックです。
外食やファーストフードを食べる機会が多い方は亜鉛を意識して摂取しましょう。


カリウムはどの年齢に関しても許容上限摂取量が定められていません。ただし、透析患者でカリウム制限のある方はこれに準じません。


関連記事:ミネラルについて

無機質摂取基準

(男子)
年齢 18〜29 30〜49
名称 所要量 許容上限摂取量 所要量 許容上限摂取量
カルシウム(mg) 700 2500 600 2500
鉄(mg) 10 40 10 40
リン(mg) 700 4000 700 4000
マグネシウム(mg) 310 700 320 700
カリウム(mg) 2000 - 2000 -
銅(mg) 1.8 9 1.8 9
ヨウ素(μg) 150 3(mg ) 150 3(mg )
マンガン(mg) 4.0 10 4.0 10
セレン(μg) 60 250 55 250
亜鉛(mg) 11 30 12 30
クロム(μg) 35 250 35 250
モリブデン(μg) 30 250 30 250


(女子)
年齢 18〜29 30〜49 妊婦 授乳婦
名称 所要量 許容上限摂取量 所要量 許容上限摂取量 付加量 付加量
カルシウム(mg) 600 2500 600 2500 +300 +500
鉄(mg) 12 40 12(※1) 40 +8 +8(※2)
リン(mg) 700 4000 700 4000 +0 +0
マグネシウム(mg) 250 700 260 700 +35 +0
カリウム(mg) 2000 2000 +0 +500
銅(mg) 1.6 9 1.6 9 +0.4 +0.6
ヨウ素(μg) 150 3(mg ) 150 3(mg ) +25 +25
マンガン(mg) 3.0 10 3.5 10 +0 +0
セレン(μg) 45 250 45 250 +7 +20
亜鉛(mg) 9 30 10 30 +3 +3
クロム(μg) 30 250 30 250 +0 +0
モリブデン(μg) 25 250 25 250 +0 +0
※1:閉経後は10mg/日
※2:分娩後6ヶ月間
注意:妊婦・授乳婦の方の許容上限摂取量はご自分の年齢区分の数値です。


※五訂食品成分表より抜粋  関連情報:r-shop>お勧め書籍


ダイエットする為に知っておきたいこと
Copyright (C)since 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます