管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと
なぜ太るのか?
   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   
献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

管理栄養士のダイエット ReformDietetics


ダイエットの方法

献立の工夫

ダイエットに取り組む上で、食事の献立を決めることは非常に重要なことです。

毎日献立を決めるのは意外に面倒です。

そこで、献立を決める上で注意したいことを数点提案したいと思います。
買い物に行くときの参考にもしてください。
おかずは一人分ずつ盛り付ける。(食べすぎを防ぎます。
味付けはうす味にする。(ご飯の食べすぎを防ぎます。)
うす味の工夫としては、
スパイス、ハーブ類を上手に使いましょう。
スープ類を一品加える
満腹感を与えるので、おかずが少な目でも満足できるでしょう。
きのこや海藻類を加えると、さらに食物繊維も摂れて、ダイエット向きになります。
やわらかいものだけでなく、根菜類(ごぼうなど)の歯ごたえのある物を一品加えましょう。
よくかんで食べるため、満腹感を与えます。
ご飯、大きいおかず、小さいおかず、汁物と少しずつバランス良く食べられえる様な献立にしましょう。
丼物は、小さめのどんぶりにして、自分が食べる量のご飯を茶碗で計って入れましょう。
1日30品目を目標に色々な食材を献立に取り入れましょう。
きんぴらごぼう、ひじき煮、切干大根の煮物、五目豆などの乾物類は食物繊維がたくさん含まれているのでダイエットにはおすすめです。例えば肉を加えれば主采になりますし、多めに作って1食分ずつ小分けして冷凍しておけば、お弁当やあと1品欲しいときにとても重宝します。

関連記事:食物繊維について

スパイス 中でも唐辛子に含まれるカプサイシンは脂肪を燃焼してダイエット効果があると言われています。汗もかきやすくなるので、代謝も良くなり、効果倍増です。ただし、刺激が強いので胃腸の弱い方はほどほどに・・・・。

食器、盛り付けにもこだわりましょう
人間は視覚で満足できる唯一の動物です。だからこそ、食卓に彩りをもたせて目で味わうという事も大切です。
お気に入りの器を使ったり、選ぶ際は浅いもの、底面積が小さいものにすると、少しの量でもたっぷり入っている様に見えます。
食事を楽しむことで、食べすぎを防ぎます。


市販品を買う時
市販のお弁当やおかずを買う時は、品数が多い物を選びましょう。そうでない物には五目煮やいろいろな野菜を使っているサラダなどを一品加えましょう。外食や出来合いの物はなるべく多くの食材が食べられる様に選び方を工夫しましょう。

何故大皿がいけないの?
大皿に盛り付けると、自分の食べた量が分からなくなってしまい、食べすぎる傾向があります。

盛り付けた段階で食べる量を決める上でも、大皿料理はなるべくさけましょう。自分の食べる量を把握することは、食事日記をつける上でも非常に重要です。

関連記事:食事日記について

Copyright (C) 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます