管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと
なぜ太るのか?
   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

管理栄養士のダイエット ReformDietetics

血中脂肪(血液中の脂肪)について
〜肥満だけでなく生活習慣病の原因にもなる〜

脂肪はカラダ中に存在していますが、主に血液中、皮下、内臓に存在しています。


ここでは、血液中の脂肪、血中脂肪にスッポトを当ててみましょう。

血液中の脂肪
中性脂肪
(トリグリセライド)
血中の中性脂肪は、直接摂取した脂肪の量や、
全体のカロリー量に左右されます。
血中の中性脂肪は、エネルギー源として重要な働きをしますが、
脂肪が余分になってくると、全身に分布している脂肪細胞に
運び込まれて貯蔵されます。
遊離脂肪酸 血液中の遊離脂肪酸は、中性脂肪が分離して、血液中に放出されたものです。
遊離脂肪酸は血液に乗って、全身の筋肉などの組織に運ばれ、エネルギーを供給します。
ですから、有酸素運動などを長時間に渡って行う事で、遊離脂肪酸は、多量に消費されます。
また、炭水化物抜きのダイエットや、ローカーボ(低糖質)の食事によって、体内の遊離脂肪酸が増加します。

詳しくは、ダイエット臭のページで述べています。

関連記事:ダイエット臭
コレステロール 血中脂肪のひとつですが、コレステロールはあらゆる細胞膜の主成分です。
カラダの機能を調節するステロイドホルモンの原料として、
必要不可欠ですが、その一方、血中コレステロールが多すぎると高脂血症になってしまいます。
高脂血症は、
動脈硬化や、心疾患の誘因となります。血中コレステロールは、密度によって分類されており、大きく分けて、比重の低いLDLコレステロール(いわゆる悪玉)と、比重の高いHDLコレステロール(いわゆる善玉)とがあります。

関連記事:脂肪について
Copyright (C) 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます