ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと
なぜ太るのか?
   
肥満のメカニズム
   
肥満の合併症
   
まずは自己分析
   
ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット商品紹介

お問い合わせ



 肥満の合併症

肥満になると、多くの器官に異常を招き、合併症が起こりやすくなります

循環器系では
循環血液量、心拍数が増加して
・高血圧
・心疾患
を引き起こす。
呼吸器系では
脂肪が呼吸の妨げとなって
・睡眠時無呼吸症候群
骨格系では
重い体重が負担となって
・腰痛
などを引き起こす
内分泌、代謝系では
インスリンの感受性が低下して
糖尿病
尿酸が増加して
・痛風に
血中脂肪が増加して
高脂血症
卵巣機能障害により
・無月経
・過少月経に
その他
・脂肪肝
・胆石症
などに

上記のことから、『肥満は万病の素』と言われている意味が良く理解できると思います。

運動について

本来ダイエットは、食事療法と運動療法を併用するのが望ましいのですが、運動を習慣づけるのはなかなか難しいですし、無茶な運動をすると肥満の方は脚や腰に負担がかかり、痛めたり、怪我のもとになる可能性があります。
肥満でない人でも自己流で運動を始めるとけがをするおそれがあります。
まずは普段よりよく歩くことと、日常生活の中で意識的に体を動かす事から始めてみてはいかがでしょうか?
体が慣れてきたら徐々に運動量を増やしていくと良いと思います。
ダイエット中の停滞期には運動がおすすめです。
軽い運動をする事によって、体に効果的に刺激を与えますし、停滞期中のストレス発散にもなります。

始めて体を動かすなら・・・・
まずは歩くことから始めましょう。エレベーター、エスカレーターを使わずなるべく階段を利用する事も有効です。
手足を大きく動かして、少し汗ばむ程度の速度で歩きましょう。
慣れてきたら徐々に時間を延ばしていきましょう。
プールを利用する機会があるのなら、水泳がおすすめです。
水中では浮力がかかるので、足腰にあまり負担がかかりません。
泳ぎが苦手なら、水中で歩くと良いです。水の抵抗によって地上で歩くより運動効果があがります。

運動の効果について
汗をかく事によって、体の代謝がよくなります。
筋肉量が増加すると、体内の脂肪が燃えやすく、やせやすい体になります。また、骨も丈夫にします。
リフレッシュ効果があります。
インスリンの感受性がよくなります。(糖尿病の発病や症状の軽減に効果的です。)
などなど、ダイエット効果が上がるだけでなく、あらゆる生活習慣病の予防にもなります。


Copyright (C) 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます