管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと

   
肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   
まずは自己分析
   
ケーススタディー

   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

ReformDietetics



お勧め書籍
肥満を科学する

  肥満のメカニズム

肥満とは、単に標準体重より重いというのではなく、体脂肪が過剰に蓄積した状態をいいます。

ダイエットを考える上で最も重要な肥満のメカニズムについて考えていきましょう。

関連記事:脂肪のおはなし

体型から見た分類 (男性・女性の体型の変化)
一番見た目で判断しやすい方法です。脂肪のついている部分で判断します。
内臓脂肪型(りんご型)
内臓(腹部)に脂肪がたまり、弾力がある。
男性に多く見られる。(中年太りと言われる典型的な体型)
『ビール腹』『リンゴ型』ともいわれる
肥満による合併症を起こしやすい(運動で減量すると効果的です。)
男性は30歳前後から腹部に脂肪がつきやすくなります。内臓の周りに脂肪が付着し、お腹がせり出したようになります。
内臓脂肪型は、生活習慣病と関わりが深く、高血圧、脳卒中、糖尿病、虚血性心疾患などの誘因となります。
しかし、運動による減量で効果が出やすいので、日ごろから積極的に体を動かすように心がけると良いと思います。
皮下脂肪型(洋梨型)
皮下(腕、脚、尻など)に脂肪がたまり、ブヨブヨした感じ。
女性に多く見られる。(日本人女性の典型的な体型)
『洋梨型』とも言われる。
肥満による合併症は起こしにくいですが、安心してはいけません!

女性は、年齢とともに脂肪のつく場所に変化が見られます。
20代後半ごろまではヒップや太ももについていた脂肪が、それ以降はウエスト、腹部に脂肪がつきやすくなります。
ホルモンの分泌の変化や、体脂肪が増えることと、筋肉が落ちる事によって、カラダの中身が変化していきます。
その上、皮膚にハリがなくなってくるのと、重力との関係でヒップが垂れ下がってしまいます。
それを未然に防ぐには、余分な脂肪をためないことと、適度な筋肉をつけておくことが肝心です。
脂肪細胞から見た分類
@脂肪細胞肥大型 A脂肪細胞増殖型
脂肪細胞のサイズが大きくなる。
成人期以降に多く見られる。
やせると脂肪細胞のサイズが小さくなる。
内臓脂肪型に多く見られる。
脂肪細胞のが増える
乳児期、思春期に多く見られる。
やせても脂肪細胞数は減らない。
皮下脂肪型に多く見られる。

見た目には分かりにくいですが、肥満になった時期で判断しましょう。
一度脂肪細胞が増えると、減る事はありません。
この二つを合わせ持ったタイプの人もいます。(思春期頃までにすでに肥満で、
それ以降に太ると、重度の肥満症に陥りやすくなります。)

原因疾患の有無による分類

ほとんどが単純性肥満ですが、中には、疾患に伴って肥満になるケースもあります。

@単純性肥満 A症候性肥満
原因ははっきりしてない
遺伝、食事、運動、環境
肥満全体の95%以上を占める
何らかの疾患が原因となる
遺伝、食事、運動、環境
肥満全体の5%以下である。

単純性肥満の主な原因

単純性肥満の場合、遺伝因子に、食習慣、、社会、環境的因子、精神的因子、嗜好、運動不足などがからみあって発症すると考えられています。
遺伝因子
肥満になりやすい体質、要素があります。
+ @食習慣、嗜好
不規則な食事や偏食。過食、多食(ドカ食い、早食い、夜間の多食)、朝食の欠食
A社会・環境的因子
社会的・経済的な地位がある場合や肥満した親に食生活のパターンをそのまま伝えられた場合(刷り込み現象といいます)に過食になる傾向があります。
B精神的因子
精神的な不安やストレスがある場合
気晴らしとして過食に走ってしまいやすくなります。
C運動不足
基礎代謝が低下し、エネルギーが蓄えられやすくなります。
=
肥満

つまり、遺伝因子に@〜Cの因子がからみ合って肥満になってしまいます。

Copyright (C) 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます