管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと
なぜ太るのか?
   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

管理栄養士のダイエット ReformDietetics

食事日記をつけよう

以前から何度か食事を減らしているし、運動もしているのに体重が減らないと言う方から相談を受けています。
色々と体重の減らない要因があるでしょうが、やはり体重が減らないとおっしゃる方は食べている場合が多いです。これは別に『食べてるくせに〜』と言っているわけではなく、食べたものと言うのは忘れてしまうのです。
私はこういった相談を受けた時
食事日記をつけましょうと答えます。

何か目新しいダイエット方法が出てくると思ってらっしゃる方は、がっかりされると思いますが、これが意外に効果があるのです。

食事日記は体のお小遣い帳

よくお金の貯まらない人はお小遣い帳をつけましょうと言われますが、食事日記はお小遣い帳をつけるのと同じ目的です。
お小遣い帳は使ったことを忘れないようにするものであり、食事日記も
食べたことを忘れないためにつけます。
カロリーを計算しろとか、食べた物の材料を事細かにつけろと言うつもりはありません。
私は食べる前、食べた後にメモする程度でいいと考えています。

食事日記の付け方

食事日記でメモすべき要素は
食べた時間 いつ食べたか?何時に食べたか?
食べたもの(料理名で可) 食べた料理をかるく書く。ご飯を何杯食べたか?
食べた状況 どこで食べたか?何をしながら食べたか?
今日何したか? 今日の活動記録、普通の日記と考えてよいと思います

ぐらいでよいでしょう。ダイエットが嫌になる前につけること自体が嫌になってしまっては元も子もありません。
若い女性は手帳を持って一日の出来事を書く習慣がある人が多いですが、そのついでぐらいに考えてください。
男性は、一日の予定の進捗の脇にでもつけてみてください。

食事日記をつけたらどうなるの?

食べることに意識を向ける

日記をつけることにより、食事に意識が向きます。何を食べたとか何があったとかと言うことは意外と忘れやすいです。
例えば、
お昼に食べた定食のおかずの種類が何品あったかということを、夜に忘れてしまっているといことはありませんか?

食べた状況の分析

どんなときに食べてしまうかということが分かります。例えばテレビをみながらお菓子を食べる、お風呂あがりにビールを飲む等です。ということは食べたくないのに食べたという習慣がどこか?ということがわかりますし、本当に食べたい食事を食べるために削るべき食事を明確に出来るのです。

習慣に対する満足感

ダイエットは続けるという事が大切です。私はダイエットというのは習慣であると考えています。
食事日記だけでもつける習慣にしてしまえば、習慣をつけることに満足感が得られます。
私も続けていると考えることが出来るはずです。

最後に

ダイエットは、自分が太ってしまったという事を分析することから始めることが大切だと思います。
BMIをだしたり、毎日体重計とにらめっこしたりと言うことは、確かに正確な自分の状況を把握するのに重要です。
しかし、その状況があまりに自分に対するプレッシャーになったり、ストレスをためてしまったら続けられなくなる場合があります。脅迫観念から摂食障害等に陥ってしまう可能性もあるからです。

『これを食べたいから、ここの無駄を削ろう』

そういうパズルを楽しむ様になれるのが食事日記と考えています。

目的はやはり


おいしく食べて、健康的にダイエット

なのです。

ダイエットする為に知っておきたいこと
Copyright (C) 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます