管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと
なぜ太るのか?
   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

管理栄養士のダイエット ReformDietetics

メールマガジンお申し込みはこちら

ダイエット食品

ダイエット食品、補助食品について考える。

ダイエット食品と一言で言っても色々な種類があり、それぞれ期待する効果も違います。きちんと研究されて開発されているものから、単純な痩せ薬のようなものまで様々です。値段も高価ですし、本当にダイエット食品でのダイエットは簡単なのか?という疑問もあります。

今回はそんな世の中にあふれる
ダイエット食品について考えていきましょう。

ダイエット食品の分類

@食べるだけで痩せる?

食べるだけで痩せると言ううたい文句で販売されているダイエット食品です。ダイエットサプリメントなど、痩せ薬として販売されていれば、健康情報に敏感な現代人にも判断材料となるのですが、個人輸入やいかがわしい代理店等が輸入している海外製品に関しては無防備の方が多いです。
これに分類されているものは、日本では認可されていない食欲減退成分(エフェドリン等)が含有されている可能性もあります。そもそも、食べる=栄養摂取ですから食べるだけで痩せるダイエット食品は存在するはずありません。

Aおなかがすいた時に食べる

毎回3食の食事は普通の食事をとり、間食等に代替するダイエット食品がこれにあたります。この考え方はそもそもボディービルダー等が摂取するプロテイン(たんぱく質)主体の低カロリー食が元になっているもので、ダイエットの効果を期待されるものではありません。普通の食事だけでは必要なたんぱく質を摂ることが難しいと思われる運動量や筋肉量がある方(必要たんぱく質を摂取するためには脂質を摂取しすぎることを懸念する方)が、代替食として摂取してきたものです。しかし、一般の方がプロテイン系のダイエット食品を摂取したり、間食に代替したところで運動しているわけではありませんので、意味はまったくありません。これは、プロテイン(たんぱく質)の構成成分であるアミノ酸についても同じことが言えます。運動しないで摂取しすぎると、逆に太ってしまう事もあります。
おなかがすくという現象は、血糖値が下がった時におこるわけですから低カロリー食を摂ってもすぐに空腹感に襲われることになりかねません。

Bダイエット中の栄養補助食

極端に偏った食事制限を強いるダイエット法を実行していることにより、不足しがちな栄養素を栄養補助食品で補うというものです。これはアトキンス式ダイエット(ローカーボダイエット)等で採用されている方法です。私はバランスのよい食事による自然なダイエットを提唱しておりますので、不自然な栄養補助食を奨励する気にはなりませんが、考え方としては一番自然な形であるとは思います。

C代替食と呼ばれるダイエット食品

食事全体、または1日の食事のうち数回をこれに代替するダイエット食品です。ダイエット食品を食事代わりにする方法は、色々な方法があるとは思います。糖尿病に苦しむお年寄りでも、糖尿病食を温めるだけで調理できる簡単な糖尿病食キット等、すばらしい食品もあるでしょう。ちゃんと栄養計算されたものもあると思います。
しかし、いかがわしいスープとクッキーだけの食事を強いるようなダイエット食品はお勧めできません。
食事をすることへの興味や意識を減退させたり、普通食への飢餓感を促進させたり良いことがあるように思えません。やはり、食べるということ自体に罪の意識を持つようになれば、それだけ止めたときの弊害も多くなりますので、方法はよくないように思います。

ダイエット食品でよく使われる根拠

ダイエット食品で痩せる根拠に使われる栄養素別に効果を説明します。
マグネシウム
マグネシウムが基礎代謝を上げる効果があるという話がありますが、基礎代謝は食事の摂取で上がるものではありません。食事は基礎代謝アップの補助であり、食べるだけで代謝があがるなんてことはありえないのです。基礎代謝のページでも説明しましたが、基礎代謝は筋肉量に比例するということを理解することが必要です。
カプサイシン
カプサイシンは体をあたためる効果があり、代謝はアップします。しかし、それでやせる効果があると考えるのは早計です。あまり期待しない方がよいと思います。代謝と言っても新陳代謝が活発になるのであって、基礎代謝量がアップする訳ではありません。脂肪燃焼効果があるといわれていますが、その為には、相当な量の唐辛子を食べなければなりません。代謝を高め運動を併用してはじめて効果を発揮することを理解することが必要です。
たんぱく質
効率よく筋肉をつけることを目的とするものですので、運動が不可欠です。摂取する脂肪を嫌うあまり肉類の摂取を抑えすぎると、たんぱく質が不足しがちになりますので、運動を併用したダイエットを行う場合は意識して摂取することは必要です。(大豆等がお勧めです。)
食物繊維
食物繊維だけではダイエット効果はありません。栄養素の吸収を抑えるという意味で摂取することが多いようです。栄養素の吸収を阻害する働きを期待しているのですが、これは肥満の原因となる、糖分や脂質だけでなく、ビタミン等(脂溶性成分)の重要な栄養素の吸収を阻害することもありますので、あまり過剰に摂取することもよくありません。

関連記事:食物繊維について

キトサン、カーボン、ビール酵母等を使用してのダイエットって?
食物繊維とよく似た効果、あるいは食物繊維自体の効果を期待するものに、キトサンや、カーボン(炭)、ビール酵母を摂取してのダイエット方法があります。栄養素に吸着するということですが、これは栄養吸収を阻害するものですので、食事を見直すと言うアプローチでダイエットを行うことをせず普段の食事を続けていると、栄養不足になることは目に見えています。
まずは食事方法を見直すことに取り組むことをお勧めします。

大丈夫ですか?そのダイエットへ戻る
Copyright (C) since2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます