管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと
なぜ太るのか?
   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

管理栄養士のダイエット ReformDietetics

カフェインについて

ご存知の方も多いかと思いますが、カフェインにはダイエット効果があると言われています。
事実、ダイエット食品やサプリメント等にもカフェインが含まれているものが多いのですが、実際にどういった効果があるのでしょうか?

今回は、カフェインとダイエットの関係について特集したいと思います。

カフェインとダイエットの関係

ダイエットの目的と言うのは、体重を減らす事は二の次で、いかに体内に蓄積されている脂肪を減らすかが最大の課題であると思います。
私は正しいダイエットの進め方としましては、バランスの良い食事をきちんと食べて、運動もプラスして行う事であると考えています。
コーヒーに多く含まれているカフェインを運動前に摂取すると、効率よく、そして優先的に脂肪を燃焼してくれる効果があると、最近の研究で明らかになってきました。
また、これはまだ研究段階なのですが、食事前にコーヒーを飲むと、食欲が抑制されるのではないかと言う事も言われています。
それに、コーヒーはほぼノンカロリーの飲み物ですので、ブラックで飲めば更に効果が期待できると思います。

カフェインの効果

カフェインと言えば、コーヒーを思い浮かべる方が多く、『夜、眠れなくなる』ですとか、『胃が荒れる』と言われ、以前はマイナスイメージの多い飲み物でしたが、紅茶や緑茶、ウーロン茶、コーラ、ココアやチョコレートなどにも含まれており、その上、最近になって、カフェインの様々な効果が明るみになってきました
今回は一番カフェインが多く含まれるコーヒーについて述べたいと思います。

カフェインの脂肪燃焼効果

カフェインには脂肪の分解を促進するリパーゼと言う酵素を活性化します。それによって体内の貯蔵脂肪が分解されて血液中に送り込まれ、さらに筋肉に送り込まれてエネルギーとして消費されます。
と言う事は、体内の脂肪が、カフェインを飲む事によって分解されやすい状態になる訳です。
カフェインの脂肪燃焼効果は、運動前に飲むと効果が高いとされています。
ここで、運動前に飲むと効果がある量としましては、諸説様々なのですが、コーヒーでは2〜3杯、日本茶ですと5杯〜6杯程度であるとされています。
ですが、全く飲まないのとでは、効果が明らかに違うそうですので、1杯でも効果があると考えても良いのではないでしょうか。

コーヒーのその他の健康効果

コーヒーには脂肪燃焼効果だけでなく、様々な健康効果が期待されます。
以下によく知られている効果を挙げたいと思います。
血液循環の向上 血管を拡張させて、血液の循環を良くし、体温を上げます。冷え症や肩こりの方は試してみてはいかがでしょうか。コーヒー1杯で約2時間程度効果が持続します。
利尿作用 腎臓の血管を拡張させて、温める為、利尿作用があります。
中枢神経の興奮 カフェインには中枢神経を刺激して興奮させる為、眠気や疲労感の回復や、集中力を高める作用があります。
運動能力の向上 カフェインが骨格筋に作用して、疲労を軽減して、運動能力を向上させます。
脂肪分解作用 血中の脂肪酸を分解する、リパーゼと言う酵素を活性化させるためです。
コレステロール値の低下 上に述べた事から、悪玉コレステロール値を下げて、善玉コレステロールを増加させる働きがあります。また、コレステロール型胆石症の予防にも効果があるとされています。
血糖値の低下 まだ、研究段階なのですが、カフェインがインスリンの分泌を促進して、血糖値を下げる働きがあるとされています。ですので、糖尿病の予防にも効果があるとされています。
消化を促進 胃酸の分泌を良くしてくれるので、食べ過ぎた後や、脂っこいものを食べた後などに飲むと、すっきりします。
二日酔いの軽減 コーヒーは、二日酔いによる頭痛を軽減させる働きがあります。
口臭予防 コーヒーには、にんにくによる口臭を和らげる作用があります。
リラックス効果 コーヒーの香りをかぐ事によって、脳がリラックスします。

上に挙げた以外にも、まだまだ研究段階の効果があります。
コーヒーには様々な健康効果や生活習慣病予防に大きな効果を発揮してくれるのではないでしょうか。

ダイエット目的でコーヒーを飲まれるのでしたら、是非ブラックで飲むことをお勧めします。

知っておきたいことへ戻る
Copyright (C)since 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます