ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと
なぜ太るのか?
   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

ReformDietetics

便秘について 〜女性の永遠のテーマ〜
便秘に悩む女性は多いことと思いますが、そもそも便秘とはどういった症状を
言うのでしょうか?
改めて便秘について考えてみましょう。


便秘の定義
便秘の種類
便秘の解決策

便秘の定義
排便に時間がかかる
便が固くてでにくい
たとえ毎日便通があっても、排便時に不快感がある。又は残便感がある。

以上の項目に当てはまる事があれば、便秘と言えるでしょう。
また、
2,3日に1回の便通でも、すっきりと排便できていれば便秘ではありません

便秘の種類
便秘は大きく分けて2種類に分けられます。
弛緩性便秘
ほとんどの便秘はこのタイプです。
原因は 食物繊維の摂取不足
不規則な食生活
運動不足
などで腸の蠕動(ぜんどう)運動が低下する事により起こります。

痙攣(けいれん)性便秘
過敏性腸症候群という、大腸疾患のひとつです。精神的ストレス等によって腸の蠕動運動が亢進し、便秘と下痢を繰り返す症状です。
その他の原因
女性に便秘が多い理由は、

@男性よりも腹筋が弱いこと
A恥ずかしいので便意をもよおしても外では
我慢してしまいタイミングを逃してしまう。すると、大腸は便の水分を吸収して、さらに固く出にくくなってしまう事
B女性ホルモンの分泌よるもの(特に月経前は便秘になりやすいようです。)

などが挙げられます。

便秘の解決策
便秘を解消するには、やはり日々の生活習慣を見直す事が大切です。
バランス良い食生活を心がけ、野菜、食物繊維をしっかりとりましょう。
水分をしっかり摂りましょう。特に朝起きてすぐにコップ1杯の冷たい水や牛乳を飲む事は眠っていた胃腸が活動し始めるので効果的です。
炭酸水も腸に適度な刺激を与えるのでおすすめです。
適度な運動をして、腹筋を鍛えましょう。また、お腹をマッサージするのも良いでしょう。
朝食をきちんととりましょう。
朝食を摂る事によって、朝起きてすぐに水を飲むのと同様に眠っていた胃腸を目覚めさせて便意をもよおしやすくなります。
毎朝トイレに行く習慣をつけましょう
最初のうちはもよおさなくても、毎日決まった時間にトイレに行くことによってだんだん便意をもよおすタイミングを体が覚えていきます。
プロバイオテクスで腸内の善玉菌を増やそう。
腸内細菌のうち、90%が悪玉菌で、残りがビフィズス菌や乳酸菌などの健康に良い働きをする善玉菌で構成されています。
プロバイオテクスとは、腸内細菌のうちそのバランスを整えることによって腸の活動に有益な効果をもたらす生きた微生物(善玉菌)のことです。
これらを用いた食品は特定保健用食品(トクホ)として発売されています。
ヨーグルトや乳酸菌飲料が主な商品です。

これらにオリゴ糖をプラスして摂ると効果がさらに増すようです。

トクホ以外の食品では、乳酸発酵しているキムチやぬか漬け等の漬物類に元気な善玉菌が多く生息しています。
腸内環境を整える事によって便秘を防ぐだけでなく、腸内の腐敗をおさえ、お腹の不快感を軽減させることができます。

便秘には食物繊維に待った!!
痙攣型便秘の方は腸の蠕動運動を促進させてはいけません。
食物繊維はもとより、アルコール、コーヒー、冷たい飲料、香辛料等の刺激物は控えましょう。
(食事療法はまったく逆になります。)
痙攣型便秘の症状かもしくは、疑わしい人は一度医師の診断受けることをお勧めします。

管理栄養士の便秘メモ : 日本人には便秘が多い?
日本人には便秘の人が多いと言われているのはご存知ですか?
元来日本人は魚や野菜中心の食物繊維の豊富な食生活をしてきました。
その為、消化吸収の過程で腸が長くなっていったと言われています。
しかし、最近の肉類中心の欧米型の食生活では、腸内に滞留しやすい上に便のかさを増す食物繊維が少ないので便秘になりやすいのです。
不思議なもので日本人の体は和食が合うようにできているのですね?

Copyright (C) 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます