管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと
なぜ太るのか?
   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

管理栄養士のダイエット ReformDietetics

バランスの良い食事とは? (1/2)

ダイエットや健康に関する本や、雑誌の記事、あらゆるサイトを見ていても、「バランスの良い食事をしましょう。」と書かれていますが、では一体、バランスの良い食事をするには具体的にどうすればよいのでしょうか?
バランスの良い食事をするためには、色々な食品を組み合わせて摂取する必要があります。その目安として、全ての食品を栄養成分の似ているグループに分けたものを食品群といいます。

ここでは、
六つの基礎食品群と、四つの食品群の2種類を紹介したいと思います。

六つの基礎食品群について

栄養教育の教材として、当時の厚生省保健医療局から示されたものです。
家庭科の授業で学んだ記憶があるのではないでしょうか?
これは、食品を六つの食品群に分類して、どんな食品をどのように組み合わせるかを示したものです。

六つの基礎食品群の分類
食品群 食品 共通して含まれる栄養素 働き
1群 魚・肉・卵
大豆・大豆製品
たんぱく質 からだをつくる
筋肉をつくる
エネルギー源となる
2群 牛乳・乳製品 カルシウム 骨や歯をつくる
海藻・小魚類 体の各機能を調節する
3群 緑黄色野菜 カロテン(ビタミンA) 皮膚や粘膜の保護
体の各機能を調節する
4群 その他の野菜(淡色野菜) ビタミンC
カリウム
体の各機能を調節する
果物 体内のナトリウムを調節する
5群 穀類(米・パン・麺) 糖質 エネルギー源となる
体の各機能を調節する
いも類
砂糖(菓子類なども含む)
6群 油脂類(食用油・バター・マーガリン) 脂質 エネルギー源となる
脂肪の多い食品(マヨネーズ・ドレッシング等)

四つの食品群について

これは、前女子栄養大学学長の香川綾先生によって考案されたものです。
食品を栄養素の特徴によって、四つのグループ(食品群)に分類しています。
さらに各栄養素の重量を80kcal=1点とする単位で表したものが、4群点数法という方法です。
各食品群からまんべんなく食品を選び、摂取する事で、栄養バランスの良い食事を簡単につくる事が出来ます。

その上、
80kcal=1点という計算方法ですので、1日の摂取エネルギーを、面倒なカロリー計算をしなくても把握できる事から、当サイトでは、この4群点数法をお勧めしたいと思います。

関連記事:食品80kcal早見表

4つの食品群の分類
食品群 食品 栄養的役割 主に摂取できる栄養素
第1群 乳・乳製品 栄養を完全にする 良質たんぱく質、脂質、カルシウム
ビタミンA・B1・B2
第2群 魚介、肉 体や筋肉、血液などをつくる 良質たんぱく質、脂質、カルシウム
豆・豆製品 ビタミンA・B1・B2
第3群 野菜 からだの調子を整える カロテン(ビタミンA)、ビタミンC・B1・B2
ミネラル、食物繊維
いも類
果物
第4群 穀物 力や体温となる
エネルギー源
糖質、たんぱく質、脂質
砂糖
油脂
その他嗜好品

バランスの良い食事とは?(2/2)
Copyright (C) 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます