管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと
なぜ太るのか?
   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

管理栄養士のダイエット ReformDietetics



アミノ酸について

近頃、アミノ酸という言葉をよく耳にしますが、一体アミノ酸とかどのようなもので、体内で、どんな働きをするのでしょうか?
話題になっているダイエット効果についても書いて見ました。


下記の項目に基づいて説明していきましょう。
アミノ酸とは・・・
アミノ酸の種類
アミノ酸の効果
アミノ酸とダイエット
アミノ酸の過剰障害


アミノ酸とは・・
アミノ酸はたんぱく質の構成成分です。そのたんぱく質は筋肉、内臓、血液、骨格、皮膚、等の組織や酸素、ホルモン、免疫抗体等の生理機能を維持、調整する物質を作る際の基本的構成成分となるもので、約20種類のアミノ酸によって構成されています。
これらアミノ酸のうち、
体内で合成されないか、また十分に合成されていないものを必須アミノ酸と呼んでいます。

アミノ酸の種類
たんぱく質構成アミノ酸
たんぱく質を加水分解して得られるアミノ酸のことです。
様々な性質をもとにグループ分けされています。

下記の表を参照してください。

・・・・必須アミノ酸
 
脂肪族アミノ酸
グリシン
アラニン
バリン
ロイシン
イソロイシン
・グルタチオンや血色素成分であるポルフィリンを作るのに用いられる。
・肝臓のエネルギー源。
・BCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれ、体のたんぱく質を増やす働きや、運動時のエネルギー源となる。
ヒドロキシアミノ酸
セリン
スレオニン
・リン脂質やグリセリン酸を作るのに用いられる。
・酵素の活性部位などに形成する。
含硫アミノ酸
システイン
メチオニン
・皮膚の黒いメラニン色素の産生を抑える。毛髪に多く含まれる。
・生体内で必要な様々な物質を作るのに用いられる。
芳香族アミノ酸
チロシン
フェニルアラニン
・神経伝達ホルモンであるドーパミン、ノルエピネフリン(別名ノルアドレナリン)、エピネフリン(別名アドレナリン)が主成する。
複素環アミノ酸
トリプトファン
プロリン
ヒスチジン
・神経伝達ホルモンであるセロトニンやメラトニンが作られる。また、ビタミンのニコチンアミドも作られる。

・コラーゲンの主成分
・ヒスタミンが作られます。
酸性アミノ酸
アスパラギン酸
グルタミン酸
即効性のエネルギー源 アスパラガス
小麦と大豆
塩基性アミノ酸
リジン
アルギニン
・代表的な必須アミノ酸で小麦粉や精白米に不足しがち
・血管機能を正常に保つ

★酸性アミノ酸とは構造が異なります。
酸性アミノ酸の酸アミド
アスパラギン アスパラギン酸と共にTCA回路(エネルギー産生の場)近くに位置する。
グルタミン 胃腸や筋肉などの機能を正常に保つ。

たんぱく質中に含まれないアミノ酸
たんぱく質の構成要素ではなく、遊離状態で存在し、尿素などの代謝に不可欠のものや、ビタミンの構成成分と
なっている。ものである。

名称 所在
βアラニン リンゴ果汁
アリイン にんにく
カナバニン なた豆
シトルリン すいか
タウリン いか、たこ
テアニン 緑茶
 
 
 
 
 
メチオニンシステインから作られる
 
アミノ酸の効果
アミノ酸はたんぱく質の構成成分である事から、様々な効果が期待できます。

@スポーツとアミノ酸
筋肉はアクチンとミオシンから出来ており、そのアクチンとミオシンの主成分がBCAAというアミノ酸なのです。
このことから 筋力の向上
持久力の向上
集中力維持、疲労回復

に効果があります。BCAAのほかに非必須アミノ酸のアルギニンやグルタミンも効果があります。


また、摂取するタイミングでも、その効果が異なります。
スタミナUPを目指すなら・・・ 明日に疲れを残さない為には・・・
運動前やその途中で摂取 運動の直後や睡眠前に摂取

BCAAとは?
BCAA=Branched Chain Amino Acid
つまり、分岐鎖アミノ酸のことで、必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンがこれにあたります。

A二日酔いとアミノ酸
不快な二日酔いもアミノ酸の摂取によって緩和されます。
体内でアルコールを分解する時に肝臓ではアセトアルデヒドという物質が発生し、それが二日酔いの症状をもたらします。
BCAAやアルギニン、グルタミンを摂取する事によって肝機能がアップしてその結果アルコールの代謝が良くなるという訳です。
お酒を飲む前にアミノ酸を摂取したり、おつまみにたんぱく質の豊富な食品を選ぶとよいでしょう。
B美容とアミノ酸
アミノ酸 肌の天然の保湿成分
髪のキューティクルの保湿成分
コラーゲンの主成分

である為、美容とも深い関係があるのです。
アミノ酸とダイエット
『アミノ酸にはダイエット効果がある』と最近話題になっていますが、本当に効果があるのでしょうか?
『スポーツとアミノ酸』の項目で述べた事をふまえて、有酸素運動をプラスする事で筋肉量がアップします。
筋肉は熱を産生するので、基礎代謝量が増え、それに伴って消費エネルギーも増えます。その結果太りにくい体になっていくという仕組みです。

筋肉量アップに効果的なアミノ酸は
BCAA 必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシン
アルギニン 非必須アミノ酸
グルタミン
です。

このことから
、『アミノ酸を飲むだけで痩せる』という事実はありえないのです。ダイエット効果を狙うならば、有酸素運動をプラスしなくてはなりません。
また、
アミノ酸飲料にも注意してください。あくまで清涼飲料水です。
飲みすぎると、糖分の過剰摂取
になってしまいます。

アミノ酸の過剰障害
単一アミノ酸を多重摂取すると、一般に過剰毒性がみられます。必須アミノ酸の方が過剰毒性が起こりやすい。
アミノ酸の過剰毒性は低たんぱく質食の場合におこりやすく、正常たんぱく質食では影響が少ない。
しかし、このような単一アミノ酸の多重摂取ということは実際の食生活で問題となることはまずありません。

単一アミノ酸サプリメントの摂取には気をつけましょう。

ですから、頭の片隅に置く程度でよいと思います。

知っておきたいことに戻る
Copyright (C) 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます